日本料理の頂き方

イザ料理を目の前にして、マナーよくと言われると一体どのように食べたらいいのか悩む品があると思います。例えば、尾頭付きの魚が出てきたらどうでしょう。基本は、出てきたままの状態を動かさずに食べます。肩口から尻尾に向かって、徐々に食べていくのが良いとされています。形見を食べ終わったら、ひっくり返さずに骨を外し、下の身も食べてゆきます。鮎の場合には、頭の先から尾までを箸で挟むように押して、骨離れを良くしておきましょう。尾を切り外してから肩口に箸を入れ、頭を持ったまま引っ張ると骨が外れます。同じく魚料理で刺し身の時は、薬味の使い方に注意が必要です。わさびなどを醤油の中に入れるのではなく、刺し身の上に少しのせて醤油をつけて食べましょう。けんやつまは残さず食べて構いません。煮物などを頂く時には、大きい物はかぶりつかずはして一口大に切って食べてゆきます。里芋などの滑りやすい物も、突き刺したりせずに食べましょう。また、煮物の汁は飲んでも構いません。知ると頂くときには、箸を一旦置き両手で器を持って飲みましょう。土瓶蒸しを食べるときには、まず乗っている盃を外し、土瓶の中にすだちを絞り入れましょう。そして、お茶を淹れる容量で、盃に汁を注いで味わいます。中身はその後に頂きます。

器について

和食では、基本的に器を持って食べます。しかし全ての器を持ち上げてはいけません。小鉢や汁気のあるものは、胸元まで持ち上げて食べましょう。お椀や小鉢、お茶碗などがそうですね。この時に、器を口元に近づけすぎないように気をつけて下さい。また、前かがみの姿勢になってしまわないようにも注意しましょう。それから、手に持つ時にお椀を引きずらないようにしましょう。テーブルや器に傷がついてしまうからです。焼き魚や刺し身などが盛られている、平たいお皿は持ち上げてはいけません。一口大にはして分けて、懐紙などを受け皿にして口に運びましょう。椀や煮物、蒸し物などは冷めないように蓋がついています。蓋を開けたら裏返し、右にある器の蓋は右に、左なら左に、奥ならさらにその奥に置くのがマナーです。どの行為も両手を使って行います。お茶碗であっても、まずお箸をおき、両手で持ち上げてその後左手のみに持ち替え、それから箸を持つのがいいとされています。食べ終わった器は、絶対に重ねないようにしましょう。上記でも少しふれましたが、器が傷つく原因になりますので、嫌がられることが多いのです。蓋付きのものは、配膳された時の状態に戻しておきます。この時に、ちゃんと絵柄が揃うようにしておくと美しいですね。